mst

<   2008年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ヴィオロンチェロ・ダ・スパラ登場

a0068424_2252161.jpg第26回のバッハです。今回の目玉は何といっても85番で登場するヴィオロンチェロ・ダ・スパラのオブリガート。バロック時代にあったらしい小型のチェロでバイオリンに似た構えで弾きます。なので弾くのは当団のバイオリニスト。私は伴奏、すなわちチェロでチェロを伴奏です。かなり面白い。この楽器は使えるものとしては世界に5台しかないそうです。ぜひ不思議な響きを聞きにいらしてください。


■バッハカンタータアンサンブル第26回演奏会

プログラム:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ作曲
カンタータ第84番「わが幸に心満ちたり」
   Ich bin vergnuegt mit meinem Gluecke, BWV84
カンタータ第108番「わが去り行くは汝らのためなり」
   Es ist euch gut, dass ich hingehe, BWV108
カンタータ第85番「われは善き牧者なり」
   Ich bin ein guter Hirt, BWV85
カンタータ第104番「聴きたまえ、イスラエルの牧者よ」
   Du Hirte Israel, hoere, BWV104

会場:日本聖公会神田キリスト教会
指揮:花井 哲郎
日時:2008年4月13日(日) 午後5時開演(午後4時半開場)
入場料:1500円(全席自由)
独唱
ソプラノ:山本 早苗  アルト :青木 洋也
テノール:谷口 洋介  バス :藤井 大輔
管弦楽・合唱:バッハカンタータアンサンブル
by sora_m_kumo | 2008-03-31 22:49 | 演奏会